九州北部を中心とした豪雨災害に関するボランティア情報(H29/7/12)
 このサイトは,活発な梅雨前線の影響で福岡県や大分県を中心とする九州北部で甚大な被害が生じた災害に関する情報発信のページです。
 被災地では,救助活動やライフラインの復旧など懸命に行われていますが,現在においても被害の全容がつかめない地域もあるようです。このような状況下でのボランティア活動については,土地勘のある近隣の方や長期間ボランティア活動に関われる方などが望まれているようです。よって,今後,遠方から被災地に出向きボランティア活動をしたいと考えていらっしゃる方については,土地勘のある方若しくは現地のお知り合いの方と出向くか,又はもう暫く様子を見守っていただくなど,被災地に配慮した支援につながるようご理解をお願いします。
 
 【 福 岡 県 】
 1 福岡県社協では,「福岡県社協災害救援本部」を設置し,特に被害の大きい朝倉市や添田町,東峰村を中心に、災害ボランティアセンターの運営支援や情報収集・発信等を行っています。詳細は次のサイトでご確認ください。
◆ 福岡県社会福祉協議会HP
◆ 福岡県社協災害救援本部Facebook

2 朝倉市社会福祉協議会では,浸水した住宅の復旧作業など住民の生活再建を支援するため,7月9日(日)から朝倉市朝倉球場に「朝倉市災害ボランティアセンター」を開設しています。
悪天候等の場合には,ボランティアの受付が中止になることがあるので,最新の情報は朝倉市社会福祉協議会が開設した次のサイトでご確認ください。"
◆ 朝倉市災害ボランティアセンター公式サイト
◆ 朝倉市災害ボランティアセンターFacebook  

3 東峰村社会福祉協議会では,7月14日(金)の「東峰村災害ボランティアセンター」開設に向けて現在準備を進めています。今後の情報については,次のサイトで随時発信される予定です。
◆ 東峰村災害ボランティアセンター公式サイト
◆ 東峰村災害ボランティアセンターFacebook

4 添田町社会福祉協議会では,「添田町災害ボランティアセンター」を開設しています。
悪天候等の場合には,ボランティアの受付が中止になることがあるので,最新の情報は添田町社会福祉協議会が開設した次のサイトでご確認ください。
◆ 添田町災害ボランティアセンター公式サイト  
◆ 添田町災害ボランティアセンターFacebook
 
 【 大 分 県 】
1 大分県社協では,大分県社会福祉協議会内に「大分県災害ボランティアセンター」を立ち上げ,日田市災害ボランティアセンターの運営支援を行っています。
◆ 大分県社会福祉協議会

2 日田市社会福祉協議会では,浸水した住宅の復旧作業など住民の生活再建を支援するため,7月8日(日)から日田市総合保健福祉センターに「日田市災害ボランティアセンター」を開設しています。
悪天候等の場合には,ボランティアの受付が中止になる場合があるので,最新の情報を日田市社会福祉協議会が開設した公式ウェブサイト等をご確認ください。
◆ 日田市災害ボランティアセンター公式サイト
◆ 日田市災害ボランティアセンターFacebook
 
【 そ の 他 】
 被災地の災害ボランティア活動に参加を考えている皆さんへ
災害発生時におけるボランティア活動も自主的・自発的なものであり,一般的なボランティア活動と何ら変わりはなく,自己の安全管理をはじめ移動や食事・宿泊場所の確保といった自己完結型の活動が望まれます。また,遠くからできる被災者支援のボランティア活動もあるので参考にしてください。
◆ https://www.saigaivc.com/ボランティアのみなさんへ/
 

2 平成29年7月5日からの九州北部豪雨(福岡県・大分県)に伴う災害救助のために使用する車両の取扱いについて
  平成29年7月5日からの九州北部豪雨に伴う災害に際し,福岡県内及び大分県内の被災地支援等を目的とする車両に対して「災害派遣等従事車両証明書」の交付が始まりました。高速道路等有料道路の料金所を出る際に,この証明書をご提出いただくことで,有料道路の通行料金の無料措置が講じられます。
      (外部サイトへリンク)

◆ 九州北部豪雨(福岡県・大分県)に伴う災害救助のために使用する車両の取扱い